スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水、土地…中国、やまない“日本乗っ取り”

きょうの産経新聞のコラム【40×40】にて、
水、土地…中国、やまない“日本乗っ取り”
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110224/fnc11022414510016-n1.htm
を発表しました。

日本にはチャイナマネーをはじめ、ヒタヒタと黒い影が迫っています。
日本のかけがえのない大地を、自然をめでる感覚もない金主主義の人間たちに盗られて本当にいいのでしょうか?
森林地帯、そしてリゾート地は、温泉やら地下水は出るわ、世界にはいない動植物も生きているわ、
われわれのDNAが守ってきた財産のはずです。

中国は近未来、水もなくなり、そもそも自然も破壊され、動物も(商業主義の)パンダだけです。
それは自業自得。そこに、われわれ日本が巻き込まれるのは絶対にごめんです。

そのためには即刻、周到な法律を整備すべきです。
外国人のみならずその疑いがある不可解なマネー、オーナー含めシャットアウすべきです。

北海道のニセコ新千歳などの事情を含め、この数年間、
調査&取材し、わたしが把握している限りでも猛烈な加速度で、
日本全土に「日本買い」の危険性が広がっています。

この問題は、日本国民みなの利害が一致する、立ち上がるべき問題だと思っているのですが・・・。
これからも日本が日本であるため、ご賛同よろしくお願いします。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。