「別冊宝島」も外国人参政権問題

まずは、お知らせです。
3月に発売されます「別冊宝島」がまるごと1冊、
外国人の地方参政権付与にNO」がテーマだそうです。
わたしも執筆者の1人として書いています。
未発表ネタで、もちろんどなたも書いていない(であろう?)
フランスのパリ事情(もち、中国系の蛮行)ですので、
ぜひ読んでくださいまし。

かつてから定点観測=細々と取材をしてきたフランスの事情で、
最新情報含め、フランス語の記事などからも拾いました。
(現地の友人に翻訳してもらいました~)

本日お昼間、日テレでバンクーバーの中国系移民について
報道していました。
ネタもとはわたしの記事かなー(笑)?
ナレーションもそれっぽかったかなー。
いま世界中の中国系は旧正月モード、
ドラゴンダンスが街に繰り出しています。

事後報告ですが、産経新聞【40×40】に2月11日、
道義的責任分からぬ異邦人」を書きました。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100211/stt1002110842001-n1.htm
ご笑覧くださいませ。

これから2月末までは、3月末発売予定の新刊本に向けてラストスパートですが、
バンクーバー五輪のフィギュアの結果も気になります。。。モーグルは終わったし。


スポンサーサイト

テーマ : 外国人参政権問題 - ジャンル : 政治・経済