民主党の圧勝

民主党が圧勝
これは予測どおりでしたが、
戦後60余年の、「日本人の変化」を物語る選挙だったともいえそうです。

昭和の時代までは(おそらく)、
「一緒になったら、あれもこれもキミに買ってあげるよ」
と軽く甘く語る交際相手(♂)よりも、
「自分と一緒になれば苦労するかも。
でも信じてついてきてほしい(幸せにするから)」と
シャイに語る実直な男性に魅かれ、
結婚して、ダマされた~と分かっても添い遂げたりしたわけです。

ところが、自民党のナアナアでヘナヘナな長期政権により、
夢もビジョンも生まれない、殺伐とした環境となってしまった今、
「年収3000万円の男がいい」などと言うタレントがチヤホヤされるように、
せつな的&他力本願人間が増えちゃったのでしょう。
そしてダメなら(無責任に)批判して、交換すればいい、
という感覚も蔓延しているようです。

しかも、健康で若い男性、女性すら、
国との「援助交際」に期待している??としたら、
消費税5%で、どうやって~???

ちなみに政治家からは、
よっしゃ~と、国民のモチベーションがあがるような
未来志向な演説は一切なく、
格差社会、派遣切りと暗いネタばかりですが、
この10年の日本のデフレ経済は、
世界で唯一無二、スゴイものがあります。
衣食住の「住」以外、かつてより全然、
安い値段で良品にありつけます。
日本の企業努力は、すさまじいものがあると思います。

それから、世界の教育政策のスタンダードは、
バラマキではなく、重点投資です。
それが、明日の国力、発展につながるからです。
これについては、拙書「エリートの条件 世界の学校・教育最新事情」をお読みください^^

スポンサーサイト

テーマ : 政治のニュース - ジャンル : ニュース