スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日の丸を見なくなった日本

かつては、日本でも祝祭日には家の門前に国旗が掲げられましたが、
その習慣は消えてしまったようです。
わたしの子どもの頃のお子様ランチには、
チキンライスの上に日の丸が立ててあったのですが今はそれも見ません。
日教組がはびこる教育現場のみならず、
「みなさまの受信料」で番組を制作するNHKすら自虐史観を売り物にし、
左傾化
はますます強まっているようです。
なんだかベルリンの壁があった20年以上前に
時代が逆戻りしたようです。

日本はワールドカップ、ワールドベースボール、
五輪などでしか国家、国旗を意識できないなんて異常です。
しかも、スポーツ分野のカリスマたちにだけ日の丸を背負わせるなんて、
無責任すぎます。

1999年8月13日に公布・施行された「国旗及び国歌に関する法律」によって、
公式に日の丸が日本の国旗であると定められました。
それまでは、慣習として使用していたのでした。
つまり、8月13日は日本のフラッグデー(旗の日)。
でも、どれほどの日本人がそのことを知っているのでしょう?

世界の多くの国々の子どもたちは、
小学校へ上がる頃から朝礼を通じて国家を意識し、
国旗掲揚国歌斉唱をしています。

「I pledge allegiance to the Flag of the United States of America…….
(我は誓う。アメリカ合衆国の旗に忠誠を尽くすことを……)」
アメリカの子どもたちの朝は、この宣誓(pledge)と国歌斉唱から始まります。
教室はもちろん、校舎そして校内の至るところで星条旗が目に飛び込んできます。
宣誓は起立した姿勢で、国旗に向かって右手を左胸に当てて行うのです。

世界では学校でのこういった朝礼の儀式、
そして国旗以外、革命烈士の銅像、肖像画、
王様の写真などが街中に溢れ、
ナショナルデーは全土が国旗で埋め尽くされ、
先人、偉人を称える行事で盛り上がります。

愛すべき国、誇るべき先人を知っている国の子どもたちは、
自信に満ちていて、とても幸せそうです。
そういった環境、教育であれば、
日本の未来はもっともっと明るくなるはずだと思うのですが。

スポンサーサイト

愛国・憂国

まずは、お知らせです。
NHK「JAPANデビュー偏向報道の問題 放送法改正で受信を自由契約にしよう!!
 http://www.shomei.tv/project-1096.html

5月23日、本日も、NHKスペシャルの偏向捏造を周知する活動が行われました。
1週間前の16日(土)、渋谷で行ったNHK「JAPANデビュー」国民大行動のリレートークでは、
田母神さん、渡部昇一先生、元時事通信の田久保先生
仲良しの林建良さん、李登輝友の会柚原事務局長などに混ざって、
わたし(河添恵子)もちょっとだけお話させていただきました。

なんというか、真剣ガチンコ勝負で、
世直しの時期に本格的にさしかかっているのかな、と思います。
それはメディアのあり方だけでなく、政治、経済(経営)の世界でも。

いま、世界のエリート予備軍がらみの本の執筆大詰め(汗)ですが、
愛国心なき国は滅びていくと危惧します。



NHK「JAPANデビュー」の国民大行動は明日16日(土)

明日16日に迫った、渋谷で行うNHK「JAPANデビュー」の国民大行動表題のデモは、
仲良しの林建良さん、田母神さま、渡部昇一先生、元時事通信の田久保先生などいろとりどりです。

明日は、わたしも渋谷アジアビル5Fでの「リレートーク」の現場で、
みなさまのパワフルな発言、雰囲気に浸りエネルギーをもらいたいと思っています。
ちなみに産経新聞(現在、横浜支局)の金谷かおりちゃんが、
取材に行くそうです。彼女は若く&可愛いく、気骨のある女性で、
心から応援したいと思っています。

実はNHKの知り合いからの考えも以下にご紹介します。
バランス感覚で、ご理解いただきたいと思います。
わたしの「″反日台湾〟を捏造した許されざる取材手法」を読んでいただいたことから、
旧知の仲ですがホントに初めてメールをいただきました。
お立場を考慮し、名前などは控えさせていただき、
一部内容のみ抜粋させていただきます。

======
この記事(「正論」の今月の河添恵子の記事)
ぜひ多くの人に読んで欲しいと思いました。
欲を言えば、NHK全体をこき下ろすよりも、当該番組制作者を中心に
批判して欲しいなというのはありますが。
もちろん、NHKが1972年以降長期にわたって「親中反台」であったことは事実です
し、この番組がオンエアされてしまった以上、
NHK自体が批判されるのはやむを得ないということは重々承知しております。
(中略)
今回の問題でも小生みたいに「こんな番組を作ったディレクターは宮刑にしろ!」と
思っているNHK人も結構いると思います。特に記者では。
記者とディレクターって、人種が全く違うのですね。
ディレクターと一緒に番組を作って、怒り心頭というケースはたびたびありました。
彼らは、最初に自分の頭の中に全体構図があって、
それに合う事実のみを集めてくるという傾向が強いのです。(民放も同じ)
記者は普通そうではなく、小生なんかはむしろ、当初の想像と違った部分こそ
重点的に報道すべきと考えるのですが・・・
(中略)
(NHKのトップが)番組の問題点を自供するはずないじゃないですか?
福地会長はとてもいい人なのですが、外部から来た人のせいか、
「NHK職員を守る」ということにばかり気が行って、
番組を客観的に評価するという姿勢が見られません。
(中略)
福地会長が番組への批判を正面から突っぱねたということは、
右派の人たちとNHKが共に引くに引けない状態になった、
つまり全面戦争・・・・(後略)


=====
ということで、日本という国家として、日本人として、
是非、「考える」きっかけになるデモになるといいなと思っています。

売国奴と自虐史観

日本に売国奴ばかりが目立ち、
無私の心で国益を考える人が見当たらない???のは、
近現代史の学習が後回しで、ヒーローも見当たらず、
例のNHKの「アジアの“一等国”」のような自虐史観ばかりがはびこり、
国を肯定的に意識できる機会があまりに少ないからではないかと思っています。

私自身、まず日本人であることを強く認識するようになったのは、
1986年からの、北京留学でした。
当時は、学生寮にも“ベルリンの壁”があるような状況で、
東ドイツ人は、(旧)ソ連の留学生たちと親しくしていましたが、
アメリカ、オランダなどからの留学生を避けているようでした。
また、私の部屋の周辺は、北朝鮮人からの国費留学生で
キムチ軍団、ボルシチ軍団(旧ソ連)と密かに命名していました。
そんななかで、中国人(中国社会)と
日本人(日本社会)の違いを体感していきました。

90年代前半から、アジアはじめ旧東欧を中心に取材を重ね、
90年代後半からは、世界の学校、家庭、地域を取材する機会にも恵まれました。
そんななかで、世界の学校教育の傾向は、大枠で2パターンに分けることができそうです。
一つは、欧州を中心とする「個人主義」を中枢に据えた教育が主流となっている国。
そしてもう一つは、(旧)社会主義国やイスラム国家、
新生国家、アジア諸国などで見られる「愛国教育」が重視されている国です。
この場合、国家意識を持つこと――
国の歴史、独立戦争や革命、先人(偉人)を理解すること。
国旗に忠誠を誓うこと。
国教=イスラム教のアラブ諸国などは、その教義を含め理解すること
――などを教育現場で積極的に実践しています。
そして、学年を問わず子どもたちが国家意識を持つ場として機能しているのが朝礼です。

アメリカの公立小学校では教室にも国旗が掲げられ、
国旗に忠誠を誓ってから、通常は授業が始まるといいます。
州ごとに法律が定められていますが、
一例でカリフォルニア州法の教育規約には、
「全ての公立小学校で、授業が始まる前に愛国教育を実施する」と記され、
総称でPatriotic Program(愛国教育)と呼ばれているそうです。

そんなこんなで現在、執筆中の本は
エリートの条件世界の学校・教育・最新事情」(仮)です。

NHKのJAPANデビュー「アジアの“一等国”」 4

NHKエグゼクティブ・プロデューサー河野伸洋氏の、
日本李登輝友の会宛ての4月28日付けの回答には、悲しい笑いが込み上げてしまいました。

一部を抜粋してそこに冷静な意見を述べたいと思います。

斜体文字は河野氏の文面。
黒太文字はわたし(河添)の反論。


*****
 まず、先日14日付けで貴日本李登輝友の会にお送りした回答について、「自己弁護に汲々とした不誠実な内容」とされていることをきわめて残念に思います。「日本が一方的に台湾人を弾圧したとするような史観」で番組を制作していないということを、あらためて申し上げます。
「日本が一方的に台湾人を弾圧した」と
視聴者の多くが感じたから問題になったのでは???


*****
 番組では、日本が植民地時代に、台湾において鉄道や港湾などの社会的基盤を整えたこと、樟脳産業が活性化したことなどを取り上げています。後藤新平につきましても、台湾統治の成果をあげたことを事実を積み上げて紹介しています。
視聴者の多くがそのような「台湾統治の成果」を
番組から感じられなかったから問題なのでは?


*****
 柯徳三さんについては、その人生に日本統治の二面性が反映されていることを描いています。ひとつは、同化政策によって、日本人と同じ小学校に通い、中学校に進学することが可能になったことです。またその後、台北帝国大学医学部に進学したことも伝えています。一方で、同化政策の後も、台湾人子弟の入学者が制限され、社会的差別があったという面も、事実にそって伝えています。
柯徳三さんご本人から、
「親父は日本の小学校を退学させられた」とは言っていないはずです。
NHKのH氏が資料をみせたことで、そういう話題になったのでは?
なぜそこを強調したのでしょうか?

「正論」6月号もお読みください^^)

*****
 柯さんをはじめ台湾の方々を取材したインタビューは長時間におよびますが、「台湾人の証言を都合よく操作」していることはなく、番組はそれぞれの方への取材内容を正確に反映していると考えます。
これもご本人は、「NHKに騙された!」とお電話でおっしゃっていましたが・・・。

*****
 番組の反響の中には、台湾の方々の証言に感銘を受け、日本と台湾との絆を考える契機になったというものも少なくありません。
この時代、ネットもマスの世論だと思いますが、
「番組に感動した」という類のものを見つけることは難しい状況です。
ほとんどが、批判ばかりのようです。


*****
前回4月9日付けの抗議声明の中に「差別もあった。この差別について、特に台湾の日本語世代は日本人の前ではあまり語りたがらない一面がある」とありましたが、こうした面を率直に語ってもらうことが、歴史の事実を共有し、日本と台湾の絆をさらに深めるきっかけの一つになるのではないでしょうか。もちろん、台湾が親日的であるという事実は多くの日本人が認識していることであり、この番組でも伝えています。
親日的であることを「知っている」NHKが、
反日である部分だけをクローズアップするのはなぜでしょう?
親日的であることを、知らない視聴者もたくさんいます。
また、台湾人の日本語世代が吐露した不満は、戦後の「つれない日本」なのでは?
養母(=日本人)はちょいうるさかったけれど、生活環境、教育全般に熱心で、
その後の、後妻(中国国民党)が、愛情のカケラもない鬼だったからなのでは?


*****
 また、番組全体にわたる事実関係や使用している用語については、国内や海外で数多くの研究者を取材し、確認を重ねています。「事実を歪曲した」とは考えていません。
日本の植民地政策について一定の評価をしている外国人は、たくさんいます。
その方々の文献含め、なぜ一つ、一人も登場しなかったのでしょうか?


*****
 今回の文書には、「当該番組を検証する公開討論会の開催を要請する」とありますが、私たちは番組内容が偏向していたり、事実関係に間違いがあるとは考えていません。そのため「番組を検証する」必要はないと判断しており、「公開討論会」の要請には応じかねます。
河野氏の文面によれば、日本李登輝友の会が真摯に提案した
公開討論会には応じないということなので、
会のメンバーの一人として、柯徳三さんを知る者として
(ひそかに)ブログで反論してみました。
公明正大な番組、日本人にとって自信が持てる明るい番組制作を
心から望みたいと思います。

テーマ : マスコミ - ジャンル : 政治・経済

NHKのJAPANデビュー「アジアの“一等国”」 柯三さん 3

NHKのJAPANデビュー「アジアの“一等国”」 騒動は当分、おさまらないでしょう。
というか、第2回も「CCTV(中国国営放送)と共同制作でっかー?」と
尋ねたくなるような番組になるのかな、、、ホラーだ!

5月1日、本日発売の「正論」6月号にNHKの取材手口(捏造)を書きました。
その一部をここに。
同窓会シーンで、番組は「台北一中の同窓会」と強調していましたが、実際は違っていました。
「あの日、台北一中の卒業生はわずかだった。僕は当日の同窓会幹事で、(NHKの)H氏にはまず参加者三十名ほどを、一人ひとり紹介した。大半が三中、四中の卒業生で、『三中の○○さん』『四中の○○さん』という風にね。それと日本からも三人の参加者がいて、一人は僕の同級生の妹だった」
柯三さん(番組中、中心に出ていた)がこうおっしゃっていました。
NHKは台湾人の超エリート(台北一中の生徒)が差別を受けた、
という演出(捏造)に走ったようです。

そして、その超エリートの対比となるのが、原住民のパイワン族なのでしょう。
NHKがパイワン族の方たちに対して、それこそ差別と偏見を持っているからこそできる演出です。

しかも、番組では「人間動物園」と強調していたけれど、
腑に落ちないのは“一等国民”の日本人が、その“人間動物”と一緒に記念写真など撮るでしょうか?
写真の向かって右前には、日本の軍人さんがいます。
NHKの解釈では、「動物園のパンダと、あなたも一緒に写るでしょう?」って
ことなのかもしれませんが、
50年以上前の写真を撮るという行為、意味は現代社会とは違います。

それと、ビッグサイト(展示会場)で行われるイベント「旅行博」などで人気の
ケニアのマサイ族やNZのマオリ族なども、
NHKの手にかかると、将来的には
「日本が世界から集めた人間動物園」という風になるのでしょうか?
ぉおー。コワイコワイ。

是非「正論」も読んでください。

テーマ : マスコミ - ジャンル : 政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。